7月の一覧に戻る
ナツエビネナツエビネ
ナツエビネ
<夏海老根>
別名:栗駒山
ラン科 エビネ属
生育地:山地
花期:7〜8月
湿った山地の林内に生える。
花茎高:20〜40cm
葉は3〜5枚が束生し、楕円形で、先端は尖り、表面は
縦じわが多い。花茎が基部の葉腋から直立し、1〜20個の淡紫色の花を総状につけ、下方から開花していく。苞は披針形。萼片はで、背萼片は狭卵形、側萼片は斜卵形で、ともに先端は尖り反曲する。側花弁は萼片よりやや短い線形で、先端は尖る。唇弁は心状広卵形で、萼片と同長で3深裂し、中裂片の縁は細波状に縮れ、先端は突出する。距はない。
【絶滅危惧 IA類(CR)】