6月の一覧に戻る
ナツハゼナツハゼナツハゼナツハゼ
各地(植栽)
ナツハゼ
<夏櫨>
ツツジ科 スノキ属
生育地:山地、丘陵
花期:6〜7月
山地に生育する落葉低木。庭に植えられたものが多い。
樹高:1〜3m
若い茎は赤褐色で稜があり、曲がった短い軟毛と開出した腺毛が生える。葉は卵状楕円形で、先端は鋭くとがり、縁は全縁。葉の両面に粗い毛がまばらに生え、縁には多数の腺毛が生える。枝先に長い花序を形成し、下向きに多数の釣鐘状の花を咲かせる。花軸・花柄・萼にも毛と腺毛がある。花冠は淡緑色から鮮赤色まで変異がある。花冠の先端は浅く切れ込み、先端は反曲する。雄蕊は10本ある。果実は球形の液果で、黒色に熟し食用になる。
姿がハゼノキに似るところからこの名がついた。