7月の一覧に戻る
ネムロコウホネネムロコウホネネムロコウホネ
八幡平長沼
ネムロコウホネ
<根室河骨>
スイレン科 コウホネ属
生育地:山地の池沼
花期:7〜8月
地下茎を伸ばして広がる。葉は細長い卵形ないし細長い楕円形で、先は丸い。葉のつけ根の部分は矢じり形で、縁に鋸歯はない。葉は水に浮かぶ。水中から伸びた花茎の先に黄色い花を1つ付ける。花びらのように見えるのは萼片で5枚ある。花弁は萼片の中にある。柱頭盤は黄色。雄しべの先は淡い黄色である。花の後にできる実は液果である。
近縁種のコウホネ は、葉の柄が水の上に出ていることや水中葉があるところが異なる。オゼコウホネ の柱頭盤は紅色で区別する。
【絶滅危惧 IA類(CR)】