5月の一覧に戻る
ノハラムラサキノハラムラサキノハラムラサキノハラムラサキ
秋田市下浜珠林寺
ノハラムラサキ
<野原紫>
ムラサキ科 ワスレナグサ属
生育地:道端、田の畦
花期:5〜7月
道ばたや田の畦などに群生するヨーロッパ原産の帰化植物。
草丈:10〜50cm
全体に白色の軟毛がある。茎は直立、分岐する。葉は長楕円形で基部はやや細くなり、互生する。枝先にサソリ形花序をだし、淡青色の5深裂した花を穂状につける。萼にかぎ形に曲がった毛を密生する。
花冠とへら形の葉はワスレナグサ に極めてよく似るが小形。
園芸店などでワスレナグサとして売られているのをしばしば見られる。