4月の一覧に戻る
ノハラツメクサノハラツメクサノハラツメクサ
三種町
ノハラツメクサ
<野原爪草>
ナデシコ科ツメクサ属
生育地:荒れ地、畑
花期:4〜9月
ヨーロッパ原産の1年性帰化植物。
草丈:10〜50cm
畑や人家周辺の空き地に生える。茎は根際から分枝する。松の葉のような細い葉が多数輪生する。全体に腺毛が密生する。茎頂と葉腋にまばらに分岐した花序をだし、白色の5弁花を付ける。種子の周辺に低い翼があリ、表面に突起があることでオオツメクサと区別する。