4月の一覧に戻る
ノウルシノウルシノウルシ
八郎潟町
ノウルシ
<野漆>
トウダイグサ科 トウダイグサ属
生育地:湿地
花期:4〜5月
湿地に大群落を作る多年草。
草丈:40〜50cm
茎は太く、直立する。葉は互生し、狭長楕円形〜披針形で先が丸い。茎の先で5個の葉を輪生し、そこから細枝を出し杯状花序をつくる。総苞葉は卵円形で黄色く遠目には花のように見える。花序の腺体は腎形で濃黄色。雌花の子房は球形で円錐状突起が多数ある。
茎の切り口から出る乳白色の汁で皮膚がかぶれるところから付けられた名称。
【絶滅危惧 IA類(CR)】