5月の一覧に戻る
オニスゲオニスゲ
秋田市下浜珠林寺
オニスゲ
<鬼菅>
別名:ミクリスゲ
カヤツリグサ科 スゲ属
生育地:湿地
花期:5〜8月
湿地に普通に生える多年草。
草丈:20〜40cm
長い地下茎から広線形の葉が叢生する。葉の間から花茎を伸ばし3〜4個の小穂を付ける。雄小穂は長い柄のある頂穂、雌小穂は相集まり球状長楕円形、ほとんど無柄。果胞は大型で、球状にふくらんだ基部から長い嘴を出し、熟して平開しミクリ状となる。
和名は大きな果胞の姿から鬼を冠したもの。別名は果胞がミクリ(実栗)に似ていることから。