5月の一覧に戻る
オニタビラコオニタビラコオニタビラコオニタビラコ
各地 
オニタビラコ
<鬼田平子>
キク科 オニタビラコ属
生育地:道端、土手
花期:5〜10月
道ばたなどに普通に見られる1〜2年草。
草丈:20〜100cm
全体に柔らかく、細かい毛が密生する。根生葉はロゼット状になる。葉は倒披針形の羽状複葉に深裂する。先端の小葉が丸っこい三角で大きい。茎葉は小さい。直立した花茎の先に黄色の頭花を散房状に多数つける。小さなタンポポ様の花。果実はそう果で、冠毛は白色。
根生葉を平たく広げて張り付いた様子を「タビラコ」、大きいので「オニ」の名がつけられた。