7月の一覧に戻る
オオバギボウシオオバギボウシ
鳥海山
オオバギボウシ
<大葉擬宝珠>
ユリ科 ギボウシ属
生育地:山地
花期:7〜8月
山地の草原や丘陵地に生える多年草。
花茎高:50〜100cm
葉は根生し、丸味のある卵状楕円形で大きい。表面はやや光沢がある。先は鋭く短く尖り、基部は心形または円形。葉柄は狭い。花茎を長く伸ばし、上部に総状花序の紫白色〜白色の漏斗状の花を下向きに付ける。花弁の先は6つに裂ける。雄蕊は6本で花冠より少し出ているが、雌蕊は長く、花柱の先は曲がり外に突きだしている。若い芽は山菜ウルイとして食べられる。
近縁種コバギボウシ は湿地に生育する。