7月の一覧に戻る
オオバセンキュウオオバセンキュウ
秋田駒ヶ岳
オオバセンキュウ
<大葉川芎>
セリ科 シシウド属
生育地:岩礫地
花期:7〜9月
山地の湿った岩礫地に生える多年草。
草丈:1〜3m
茎の上部で枝分かれし、葉は1〜2回3出羽状複葉。小葉は長楕円形で、薄く、不ぞろいの鋭い鋸歯がある。葉柄の基部は鞘状枝先の複散形花序に、白色の花を密につける。花弁の先端は内側に曲がり、雄しべは花弁より長い。花序には細い総苞片、小総苞片があり目立つ。シラネセンキュウ より小葉や花が大きいことからの名。