6月の一覧に戻る
オオハナウドオオハナウド
三種町
オオハナウド
<大花独活>
セリ科 ハナウド属
生育地:草地
花期:6〜7月
山地に生える大形の多年草。
草丈:1.5〜2m
茎は太く中空で、直立して上部は分枝する。根出葉や茎の下方から出る葉は長い柄をもち、3出葉で5小葉を出し、小葉には鋭い裂片や鋸歯がある。葉はまれに羽状になる。茎頂か、分枝した先端に大型の複散形花序を付ける。花は白色の5弁花で、花序の中央部と周辺部の花弁の形は異なり、周辺部の外側の1花弁が大きく、2深裂し、左右相称花となる。果実は倒卵形になり、毛があり、または無い場合がある。