5月の一覧に戻る
オオイヌノフグリオオイヌノフグリオオイヌノフグリ
各地 
オオイヌノフグリ
<大犬の陰嚢>
ゴマノハグサ科 クワガタソウ属
生育地:
花期:5月
道ばたや畑などに見られる2年草。ヨーロッパ原産の帰化植物。
草丈:10〜20cm
茎は根元でよく分かれ、地面を這って広がる。葉は卵円形で柄があり、縁に鈍い鋸歯がある。茎の下部では対生し、上部では互生する。葉の脇に1個ずつ花をつける。花冠は青色で4裂する。萼も4裂する。雌蕊は1本、雄蕊は2本。果実はさく果。
よく似たイヌノフグリ、タチイヌノフグリ などより大型。
果実が犬の陰嚢に似るということから、この可憐な花には似つかわしくない和名が付けられている。