4月の一覧に戻る
オオミスミソウオオミスミソウ
由利本荘市
オオミスミソウ
<大三角草>
キンポウゲ科 ミスミソウ属
生育地:山地
花期:4〜5月
山地の落葉樹内に生える常緑の多年草。
草丈:10〜15cm
地際から生える葉には長い葉柄がある。基部は心形で、3裂する。葉の裂片の先は尖り、縁に鋸歯がない。葉質はやや厚く、つやがあり、裏面と葉柄には長い毛が密生する。花弁状の萼片は6〜9枚で、花弁は無い。萼片の色は白、ピンク、ブルー、薄紫など多彩。花の後の実は痩果。
ミスミソウより全体に大型で、葉の先端が尖らないことなどで区別するが、中間形もあって必ずしも容易ではない。
【絶滅危惧 IB類(EN)】