8月の一覧に戻る
オオナンバンギセルオオナンバンギセルオオナンバンギセル
男鹿半島
オオナンバンギセル
<大南蛮煙管>
ハマウツボ科 ナンバンギセル属
生育地:草地
花期:8〜9月
山の草地に生えるイネ科の植物の根に寄生する一年性の寄生植物。
花茎高:20〜30cm
花柄の先端に横を向いた大きな紅紫色の花を1個付ける。花冠は太い筒型で、先端が5裂し唇形となり、花冠裂片の縁には細かい歯牙がある。萼の先端は鈍。さく果は卵球状。
ナンバンギセルより大型で、花柄もやや大きく、顎の先は尖らないことで区別する。
【準絶滅危惧種(NT)】