8月の一覧に戻る
オトコエシオトコエシ
三種町
オトコエシ
<男郎花>
オミナエシ科 オミナエシ属
生育地:山野
花期:8〜10月
日当たりの良い山野に普通に見られる多年草。
草丈:1m
根元から枝を伸ばして株をつくり群生する。茎は太く直立して上部で枝分かれする。茎の下部には白い粗毛が多いが、上部では少ない。葉は対生し、羽状に不規則に深裂し,鋸歯がある。裂片は卵状長楕円形で頂裂片が最も大きい。枝別れした茎の先端に、散房状に距のない小さな白色の5弁花を多数付ける。雄蕊は4本、花柱は1本。果実は倒卵形のそう果。花が終わると小苞が大きくなって、果実を取り巻き、翼状になる。
仲間のオミナエシ は匍匐枝を出さず、地下茎で増える。