4月の一覧に戻る
ラショウモンカズララショウモンカズララショウモンカズラ
八郎潟町
ラショウモンカズラ
<羅生門葛>
シソ科 ラショウモンカズラ属
生育地:山地
花期:4〜5月
やや明るい林内に生える多年草。
草丈:15〜30cm
茎は直立する。花後に走出枝を出して地上を這って伸びる。葉は対生し、形は三角状心形で、葉の縁に鈍い鋸歯がある。鮮やかな紫色の唇形花を、2〜3個のまとまって数段に付ける。花の付け根につく包葉は、下ほど大きい。萼片は花より濃い赤紫色で花後も目立つ。
和名の由来は羅生門で渡辺綱に切り落とされた鬼女の腕に似ていることによるとされる。