4月の一覧に戻る
サルメンエビネサルメンエビネ
三種町増沢
サルメンエビネ
<猿面海老根>
ラン科 エビネ属
生育地:山地
花期:4〜6月
山地の林内に生える多年草。
草丈:30〜50cm
根生葉は3〜4枚、長楕円形で、縦にはっきりとした筋がある。葉の間から花茎を伸ばし、7〜15輪の花を付ける。花は淡黄緑色の萼片3枚、左右に伸びる細い側花弁2枚、下に下がった紫褐色ないし紅褐色の唇弁とからなる。花の後にできる実はさく果。
【絶滅危惧 IB類(EN)】