9月の一覧に戻る
セイダカアワダチソウセイダカアワダチソウセイダカアワダチソウ
各地 
セイダカアワダチソウ
<背高泡立草>
キク科 アキノキリンソウ属
生育地:山野、荒れ地
花期:9〜10月
明治期に渡来したアメリカ原産の帰化植物。
草丈:1〜2.5m
繁殖力旺盛で休耕田などにしばしば大群落をつくる。花の部分以外は普通枝分かれせず、短毛を密生してざらつく。葉質はやや厚く、短毛があってやはりざらつく。茎の先端に大きな円錐状の花序をつけ、黄色の頭花を多数開く。舌状花は雌性、筒状花は両性。果実は痩果で、細毛があり、冠毛は汚白色。
よく似たオオアワダチソウ は短毛が生えていないためざらつかないし、大群落を作らない。