8月の一覧に戻る
セイヨウミヤコグサセイヨウミヤコグサ
八郎潟町
セイヨウミヤコグサ
<西洋都草>
マメ科 ミヤコグサ属
生育地:道端
花期:8〜9月
ヨーロッパ原産の帰化した多年性の帰化植物。
草丈:10〜40cm
各地の道端、荒れ地などに見られる。葉は粉白色を帯び、茎、葉、萼に微毛がある。葉は3出複葉で柄があり、互生する。小葉は倒卵形〜楕円形。基部に2枚の托葉がある。葉腋から花柄を出し、3〜7個の花が付ける。
ミヤコグサ に比べて花は大型で3〜7個付ける。開花時期はミヤコグサより遅い。