8月の一覧に戻る
センニンソウセンニンソウセンニンソウ
男鹿半島
センニンソウ
<仙人草>
キンポウゲ科 センニンソウ属
生育地:山野
花期:8〜9月
日当たりの良い山野に生えるつる性植物。
葉は卵形の3〜7枚の小葉からなる羽状複葉で、対生する。葉の脇に、白色の花を多数つける。白い花弁状のものは萼片。花糸が萼片より短い。痩果は扁平な卵形。花柱が長い羽毛状になる。
毛が密生した痩果を仙人の髭に見立てた和名。ボタンズル とは葉の形で区別する。