4月の一覧に戻る
セントウソウセントウソウ
仙北市
セントウソウ
<仙洞草>
セリ科 セントウソウ属
生育地:山野
花期:4〜5月
山地の林床に生育する多年草。
草丈:10〜35cm
葉は根出葉を多数だし、葉柄は紫色を帯び3回羽状複葉。小葉は先が尖った三角形に近く、先端側は鋸歯状に切れ込む。茎、葉は無毛。葉の間から伸びた細い花茎の先に複散形花序をだし、3〜5個の小散形花序に5〜10個の白色の花を付ける。総苞、小総苞や萼はない。花弁は5個でやや内側に曲がる。雄蕊は5個、柱頭は2裂。果実は楕円形。
ヤブジラミ に似る。和名の由来は不明。