7月の一覧に戻る
シナガワハギシナガワハギ
男鹿半島
シナガワハギ
<品川萩>
マメ科 シナガワハギ属
生育地:海岸の砂礫地
花期:7月
海岸に生育する1年生または越年生のユーラシア大陸からの帰化植物。
樹高:30〜100cm
茎は多数分岐する。葉は3小葉の複葉で、小葉は狭楕円形。縁に鋸歯がある。枝先や葉腋に総状花序をだし、黄色の蝶形花を多数付ける。旗弁は広楕円形で翼弁とほぼ同長。萼は5裂する。豆果は広楕円形で、表面に凸凹したしわがある。
江戸時代に品川で見つかったことからこの名がある。