7月の一覧に戻る
シラタマノキシラタマノキシラタマノキシラタマノキ
鳥海山
シラタマノキ
<白玉の木>
ツツジ科 シラタマノキ属
生育地:草地
花期:7〜8月
亜高山から高山帯の草地や林縁に生える常緑小低木。
樹高:10〜30cm
葉は楕円形で、革質で葉脈がへこみ、縁に鈍い鋸歯がある。上部の葉腋から出た花茎に総状花序をつくり、壺状の白色花を1〜6個、下向きに開く。花冠はの先は浅く5裂する。花期後、萼は肉質に肥大してさく果を包み、球形で白色の偽果になる。
アカモノに対してシロモノの別名がある。果実を潰すとサロメチールの匂いがする。