6月の一覧に戻る
タカネニガナ
鳥海山
タカネニガナ
<高嶺苦菜>
キク科 ニガナ属
生育地:砂礫、岩礫地
花期:6〜7月
亜高山帯〜高山帯の砂礫、岩礫地に生育する。
草丈:10〜20cm
茎は細く、根際から生える葉は楕円形で、縁には棘状の鋸歯がある。披針形の細い茎葉が1〜3枚つき、基部では茎を抱かない。茎の上部に集散花序を出し、黄色い頭花をつける。舌状花は9〜10枚。
よく似たクモマニガナ では茎は太く、基部で茎を抱き、舌状花は11枚。同属のジシバリオオジシバリ とも似る。