7月の一覧に戻る
タケニグサタケニグサ
三種町鹿渡房住山
タケニグサ
<竹似草>
ケシ科 タケニグサ属
生育地:荒地
花期:7〜8月
日当たりの良い荒れ地や道ばたに生える多年草。
草丈:1〜2m
茎は中空で長く伸びる。葉は長い柄があり卵形か掌状、互生。葉の裏は白っぽい。枝先に円錐花序を出して白色の小花を多数付ける。花弁が無く、萼片の2枚は開花と同時に落花する。果実は楕円形。茎を切ると黄色の乳液が出る。
茎が中空で竹に似るところからの名称。有毒植物。