7月の一覧に戻る
タヌキランタヌキラン
乳頭山
タヌキラン
<狸蘭>
カヤツリグサ科 スゲ属
生育地:砂礫地
花期:7〜8月
高山の湿った斜面に生える多年草。
草丈:0.3〜1m
葉は広い線形で、束生する。葉脈は平行で、先は尖る。花の色は紫色を帯びた褐色で、上部の小穂1〜3個は雄性で、下部の小穂2〜4個は雌性である。
小穂を狸の尾に見立てた名。小形のコタヌキラン も見られる。