7月の一覧に戻る
タテヤマウツボグサタテヤマウツボグサ
秋田駒ケ岳
タテヤマウツボグサ
<立山靫草>
シソ科 ウツボグサ属
生育地:草地
花期:7〜8月
高山〜高山の草地に生える多年草。
草丈:25〜50cm
全体に粗い毛がある。狭卵形〜広卵形の5-10対の葉は無柄またはごく短い葉柄をもって茎に対生する。葉先は鈍頭またはやや鋭頭で基部はほぼ円形。茎先の短い花穂に紫色の唇形花を数段に輪生する。上唇は帽子のような形になる。下唇は3裂し、真ん中の裂片は細かく切れ込む。
ウツボグサ に似るがかなり大型で、葉柄が殆ど無いことで区別できる。
【準絶滅危惧種(NT)】