7月の一覧に戻る
ツリフネソウツリフネソウツリフネソウツリフネソウ
各地 シロバナ(由利本荘市岩城町)
ツリフネソウ
<釣舟草>
ツリフネソウ科 ツリフネソウ属
生育地:湿地
花期:7〜9月
山野の湿地に生える1年草。
草丈:40〜80cm
茎は多汁質で柔らかで、よく分枝し、紅色を帯びる。葉は有柄で互生し、紡錘形または狭菱形で、先端は尖る。縁に細かい鋸歯がある。茎の上部の葉腋から花柄を出し、紅色で紫斑花を開く。花弁は5枚、両側のものは2裂する。萼片は3枚、下方の1枚は大形で距があり、花弁と同じ色になる。距の後端はぜんまい状に内に巻く。果実はさく果で、熟すとはじけて種子を飛ばす。
キツリフネ、シロバナツリフネに混じって群生しているのもよく見かける。