8月の一覧に戻る
ウメバチソウウメバチソウウメバチソウ
秋田駒ケ岳
ウメバチソウ
<梅鉢草>
ユキノシタ科 ウメバチソウ属
生育地:山地
花期:8〜10月
山地の日当たりの良い湿地に生える多年草。
草丈:10〜40cm
根生葉は長い柄があり、数枚がかたまって付く。葉身は円形又は腎形で、基部は心形となる。花茎を直立し、1枚の葉と1個の白色の花が付く。花茎につく葉は柄がなく、茎を抱く。花弁は5枚。太く白い花糸を持つ5本の雄蕊と、糸状に裂開した仮雄蕊(かゆうずい)がある。仮雄蕊の先端には黄色い腺体がある(写真の仮雄蕊は15本)。
花が家紋の梅鉢に似るところからの名称。