6月の一覧に戻る
ウスノキウスノキウスノキ
森吉山、鹿角市
ウスノキ
<臼の木>
ツツジ科 スノキ属
生育地:はえまつ林縁
花期:6〜7月
亜高山から高山の低木林やハイマツ林の林縁に生える落葉低木。
樹高:0.5〜1m
若い枝は緑色になり、稜があり、短毛が生える。葉柄には軟毛が密に生える、葉は互生。葉身は長楕円形〜楕円形で、先端は鋭く尖る。葉には短い軟毛が密生する。葉の縁に細鋸歯がある。枝先に花を下向きに付ける。花柄は短毛が散生す。萼筒は5裂、先はとがる。花冠は黄緑色で赤みを帯び、、鐘形で、先端は浅く5裂し、先は反曲する。雄蕊は10本ある。果実は5稜ある卵状球形の液果で、赤色に熟する。
和名の由来は、果実の先端が臼のようにへこむことによる。