8月の一覧に戻る
ヤハズソウヤハズソウヤハズソウ
秋田市上新城
ヤハズソウ
<矢筈草>
マメ科 ヤハズソウ属
生育地:道端
花期:8〜10月
日当たりのよい道ばた普通に見られる多年草。
草丈:10〜40cm
茎はよく分岐し、茎に下向きの毛が生える。葉は3小葉からなり互生し、小葉は長楕円形で、斜めに並んだ側脈が目立ち、縁に伏毛がある。葉腋に淡紅紫色蝶形花付ける。萼に伏毛がある。豆果は萼よりわずかに長く、先はとがる。葉の先を引っ張ると矢筈のように千切れることが和名の由来
マルバヤハズソウ は小葉の先が凹み、縁の伏毛が目立ち、茎の毛が上向き。