6月の一覧に戻る
ヤマゴボウヤマゴボウヤマゴボウヤマゴボウ
三種町、
ヤマゴボウ
<山牛蒡>
ヤマゴボウ科 ヤマゴボウ属
生育地:荒れ地
花期:6〜8月
薬草として中国より持ち込まれたものが野性化した有毒植物。
草丈:1〜2m
全草無毛。茎は太く円柱形。葉は互生し、楕円形〜卵状楕円形で、先が尖る。枝から花茎を直立して、総状花序をつくり、白色花を密に開く。花被片は5枚、雄蕊は8本、葯は淡紅色。雌蕊は淡緑色で、8個の心皮が輪状に並ぶ。果穂は直立し、液果は黒紫色に熟する。根が牛蒡に似ることによる和名。
北アメリカ原産のヨウシュヤマゴボウ では花序が垂れ下がり、心皮が5個。
【絶滅危惧 IA類(CR)】