8月の一覧に戻る
ヤマジノホトトギス
五城目町
ヤマジノホトトギス
<山路の杜鵑>
ユリ科 ホトギス属
生育地:山野
花期:8〜10月
山野の林内に生える多年草。
草丈:30〜60cm
茎には下向きの毛がある。葉は互生し、楕円形で先端は尖り、基部は茎を抱く。茎頂と葉腋から花柄を出し、白色で紫色の斑点のある花を1〜3ケ付ける。花被片は外3枚と内3枚の6枚で平開する。6本の花糸は花柱に密着して伸び、放射状に広がる。斑点のある花柱は3裂し、さらに先で2裂する。外花被片の基部に距が3ケある。果実はさく果。
花の斑点をホトトギスの胸の斑点に見立てたもの。