7月の一覧に戻る
ヤマノコギリソウヤマノコギリソウ
男鹿半島
ヤマノコギリソウ
<山鋸草>
キク科 ノコギリソウ属
生育地:海岸の草地
花期:7〜8月
日当たりのよい山地の草原などに生える多年草。
草丈:50〜100cm
茎は直立する。葉柄がなく、櫛の歯状に裂け、裂片は鋭い鋸歯かある。互生。茎頂に散房花序を付け、淡紅色〜白色の頭状花多数を開く。男鹿半島海岸の岩礫の草場で見られた写真の植物は同じ場所で見られたノコギリソウ より頭花の数が少なく、舌状花も小さい。