9月の一覧に戻る
アメリカタカサブロウアメリカタカサブロウアメリカタカサブロウ
八郎潟町真坂
アメリカタカサブロウ
<亜米利加高三郎>
キク科 タカサブロウ属
生育地:畦、水田
花期:9〜10月
湿り気のある水田の縁や、道端に生える1年草。帰化植物。
草丈:0.6〜1m
茎の下部は横に広がり途中から斜上する。葉は対生して柄はなく狭披針形で、先は尖り縁には波長の長い鋸歯がある。頭花の舌状花は2列で白色、筒状花も白色で先が4裂する。そう果は平たい4稜形で縁には翼はなく、緑色から熟すと黒褐色になりこぼれ落ちる。
類似種のタカサブロウ に比べて、葉幅が狭く花も小さい。また良く分枝するので茎や葉が多く、大きな株に成長する。