8月の一覧に戻る
タカサブロウタカサブロウタカサブロウ
八郎潟町
タカサブロウ
<高三郎>
キク科 タカサブロウ属
生育地:湿地
花期:8〜9月
道ばた、荒れ地、畑などの湿地に生える一年草。
草丈:20〜70cm
披針形の葉は対生、茎とともに毛があってざらつく。白色の舌状花(雌性)と緑白色の筒状花(両性)からなる。
帰化植物アメリカタカサブロウ は葉が細い。
ハキダメギク にも似るが大型。和名の由来は不明。
【絶滅危惧 II類(VU)】