7月の一覧に戻る
エゾノツガザクラエゾノツガザクラ
八幡平
エゾノツガザクラ
<蝦夷の栂桜>
ツツジ科ツガザクラ属
生育地:砂礫地
花期:7〜8月
高山の草地や湿地に群落を作る常緑小低木。

草丈:10〜30cm

枝には白い短毛が生える。葉は線形で互生し、密に生える。葉の縁には細かい鋸歯がある。枝先に紅紫色の壺形花を3輪〜7輪付ける。花冠の先は5浅裂し、外側に反り返る。花冠の外面には白い短毛と紅色の腺毛が密生している。果実はさく果。

アオノツガザクラと同じ様な場所に生育する。