5月の一覧に戻る
ハマワスレナグサハマワスレナグサハマワスレナグサハマワスレナグサ
八郎潟町
ハマワスレナグサ
<浜勿忘草>
ムラサキ科  ワスレナグサ属
生育地:草地、道端
花期:5〜9月
ヨーロッパ原産の帰化植物。
草丈:5〜25cm
道ばたや田の畦に群生する。全体、ことに葉、萼に白い毛が密生する。茎は直立する。葉は狭披針形で無柄、互生する。茎頂と上部の葉腋に渦状の花序を付け、下から順に5弁花が開くにつれて立ち上がる。花は初め黄色を帯びているが、やがて淡青色に変わる。
本種、ワスレナグサノハラムラサキ 全て帰化植物。これら3者はよく似ているが本種が最小。