8月の一覧に戻る
カラハナソウカラハナソウカラハナソウカラハナソウ
秋田市仁別
カラハナソウ
<唐花草>
クワ科 カラハナソウ属
生育地:山地
花期:8〜9月
山地に生えるつる性の多年草。茎、葉柄ともに逆向きの棘がある。他の植物に絡みながら這いあがる。葉は長い柄をもち、対生し、広卵形で3〜5裂する。縁には粗い鋸歯がある。雌雄異株。雌花が変化した果穂は「松かさ」に似た卵円形で、短い柄に垂れ下がる(上)、雄花穂はつるの先に円錐状に垂れ下がる(下)。ビールの苦味の原料ホップ(和名:セイヨウカラハナソウ)の近縁種。