8月の一覧に戻る
キバナノコマノツメキバナノコマノツメキバナノコマノツメキバナノコマノツメ
秋田駒ヶ岳
キバナノコマノツメ
<黄花の駒の爪>
スミレ科 スミレ属
生育地:草地,岩礫地
花期:8月
     ー地上茎あり(タチツボスミレ型)ー
高地の草地や岩礫地に生える多年草。
全体に柔らかく、茎は斜め上に伸び、3〜4枚の葉がまばらに付く。葉は腎円形、縁に微毛がある。花は黄色で下弁に紫色の筋があり、上弁は上向きに反り返える。距は短い半球形。稀な白花(恐らく、アルビノ)が見られた。
葉の形を馬の蹄に見立てた名。
タカネスミレ に似るが葉は薄く、光沢が無い。
 
【絶滅危惧 II類(VU)】