8月の一覧に戻る
コムラサキコムラサキ
昭和町
コムラサキ
<小紫>
クマツヅラ科 ムラサイシキブ属
生育地:山地
花期:8〜9月
山地、湿地に育つ落葉低木であるが、多くは植栽のものかまたは逸出したもの。
樹高:2〜3m
葉は対生し、葉身は倒卵状楕円形。縁の上半分に鋸歯がある。枝は紫褐色で細く、若い枝には星状毛があるが、後に無毛となる。葉腋の少し上から集散花序を出し、淡紫色の小さな花を密につける。
(上の写真は県道の縁石の割れ目に生えたもの)
山野に自生するムラサキシキブ より樹高が低く、枝垂ることがあり、葉縁の鋸歯のある部分も少ない。