6月の一覧に戻る
メタカラコウメタカラコウメタカラコウ
秋田市戸島
メタカラコウ
<雌宝香>
キク科 メタカラコウ属
生育地:湿地
花期:6〜7月
湿地に生える多年草。
草丈:60〜100cm
根生葉はフキに似て長い葉柄があり、三角状心形で径20cmから40cmになり、葉の縁は鋸歯状になる。茎につく葉の葉柄は茎を抱く。茎の上部に黄色い頭花を総状に付ける。舌状花が1〜3個。総状花序の下から上へ開花していく。タカラコウとは竜脳香のことで、根茎の香りに由来するとされる。
オタカラコウ で頭花の舌状花は8個程度。
【準絶滅危惧種(NT)】