6月の一覧に戻る
オタカラコウオタカラコウ
湯沢市秋ノ宮
オタカラコウ
<雄宝香>
キク科 メタカラコウ属
生育地:山地
花期:6〜9月
湿り気のある山地に生える多年草。
草丈:0.5〜2m
根生葉は大型の腎心形で長い葉柄があり、縁には鋸歯がある。茎葉は小形で葉柄は短く、基部では茎を抱く。花茎の先端に総状に黄色の頭花を多数開く。頭花は舌状花(雌性)5〜9個と、中心部は筒状花(両性)。
近縁種メタカラコウに比べて強壮に見えることからの名。メタカラコウ では舌状花が3個。
【絶滅危惧 IA類(CR)】