4月の一覧に戻る
ニシキゴロモニシキゴロモ
三種町石倉山
ニシキゴロモ
<錦衣>
別名:ジゴクノカマノフタ
シソ科 キランソウ属
生育地:山地、丘陵
花期:4〜5月
山地、丘陵に生える多年草。
草丈:5〜15cm
葉は対生し、3〜4対。葉柄があり、倒卵形。粗い鋸歯。葉の表面は葉脈に沿って紫色で、裏面も紫色を帯びる。上部の葉腋に白色〜淡紫色の唇形花を数個つける。花冠の筒部は細長く、先は上唇と下唇に分かれ、上唇は2裂し、下唇は大きく3裂する。雄蕊は4本で、うち2本が長い。萼は5裂し、毛がある。
和名の由来は、葉脈が鮮やかな紫色になることに因る。
近縁種にキランソウ 、ジュニヒトエ(アジュガ)がある。