7月の一覧に戻る
ヌスビトハギヌスビトハギヌスビトハギヌスビトハギ
各地
ヌスビトハギ
<盗人萩>
ハギ科 ヌスビトハギ属
生育地:草地、道端
花期:7〜9月
平地より山地の草地や道ばた、林縁に生える多年草。
草丈:60〜120cm
茎の基部はやや木質となる。葉は3小葉からなり、頂小葉は菱状卵形で、先は鈍く尖る。茎頂と上部の葉腋に総状花序を出し、淡紅紫色の小さな蝶形花を多数付ける。豆果は普通は2個の小節果よりなり、節は深くくびれる。小節果は半月形で、表面にある鉤毛で衣服などに付着する。
2小節果が盗人の忍び­の­跡に似ていることからの名称。
よく似たフジカンゾウ は大型で小葉も通常7枚。