8月の一覧に戻る
オクモミジハグマオクモミジハグマ
八塩山、岩谷山
オクモミジハグマ
<奥紅葉白熊>
キク科 モミジハグマ属
生育地:山地
花期:8〜10月
山地のやや乾いた木陰に生える多年草。
花茎高:40〜80cm
茎は直立、葉は茎の中に集まり数枚が輪生のように互生し、カエデの葉に似て掌状に浅裂する。花茎を伸ばして多数の白色の頭花を穂状につける。小花は3個で、3個の雌蕊が長く突き出している。花冠は白色で細く5裂し、総苞は筒形。
頭花がハグマ(白熊:ヤクの毛)に似ることからの名称。クルマバハグマ とは葉で区別する。
【準絶滅危惧種(NT)】