8月の一覧に戻る
オクトリカブトオクトリカブトオクトリカブトオクトリカブト
秋田駒ケ岳
オクトリカブト
<奥鳥兜>
キンポウゲ科 トリカブト属
生育地:山地
花期:8〜10月
山地の草地または林縁に生える猛毒草。
草丈:0.6〜2m
塊茎は紡錘状倒卵形で褐色、同じ大きさの新塊茎が短い柄に沿ってすぐ傍らについている。、茎は直立し円柱形であり、上部はややくの字に折れ曲がり無毛である。葉ははやや厚く無毛で光沢がある。長い柄があり、掌状に5〜7裂、裂片は倒卵状皮針形で、鈍い鋸歯がある。花は散房花序〜円錐花序に付き、烏帽子形の花を付ける。弁の距は細くて短い。雄蕊は多数で毛があり、雌蕊は普通3〜5本。果実は細長い袋状で、種子を多く含む。稀に白花種(アルビノ)も見られる。
ニリンソウ の若芽と誤って食べて強い中毒症状を起こすことがある。