3月の一覧に戻る
オオバタネツケバナオオバタネツケバナ
オオバタネツケバナ
<大葉種付花>
アブラナ科 タネツケバナ属
生育地:山地
花期:3〜6月
山地の渓流沿えの湿った場所に生える多年草。
草丈:20〜40cm
花茎が垂直に立つ。全体にほとんど無毛または茎に非常に疎らな毛がある。葉は奇数羽状複葉で頂小片は大きく、側小葉は1〜6対、短い柄があり、卵形〜長楕円形、縁は不規則に切れ込み、先は丸い。茎の先に総状花序をつけ、白色の4弁花を多数つける。果実は長角果。
タネツケバナ に似るが頂小葉が側小葉より大きく、花が大きい。