7月の一覧に戻る
オオイタドリオオイタドリ
各地
オオイタドリ
<大虎杖>
タデ科 タデ属
生育地:山野
花期:7〜10月
山地帯や亜高山帯の日当たりのよい砂礫地に生える多年草。
草丈:1〜3m
茎はしばしば赤みを帯び、上部は毛が密生する。葉は広卵形で、基部は心形で、先が尖り、裏面は粉白色を帯びる。葉腋から立ち上がる花序に、小さな花を多数密に付ける。雌雄異株。雄花は上向きに穂状に立ち、花被片は
白く、5裂、雄蕊は8本。雌花は下向きに穂状に垂れ、花被片3枚は、花の後に翼状に張り出して実を包む。白花と赤花(アカバナイタドリと呼ぶこともある)とが見られる。
イタドリ より葉が大きく、裏がしろっぽく、基部が心形。