9月の一覧に戻る
シロバナサクラタデシロバナサクラタデシロバナサクラタデ
三種町上岩川
シロバナサクラタデ
<白花桜蓼>
タデ科 イヌタデ属
生育地:湿地
花期:9〜10月
溜池の縁や放棄田など湿地に生える多年草。
草丈:50〜80cm
茎は地中で長く延び、枝を分けて殖える。茎は直立し、葉は披針形。鞘状の托葉に粗い伏毛があり、縁には長毛が生える。枝先に長い穂状花序で垂れ下がる花は、白色の花弁状萼片、雄蕊8本、2〜3裂した花柱からなる。花には長花柱花と短花柱花との2型があるとされる。
サクラタデ に似るが(ことに、白花では)、シロバナサクラタデは花被が小さく、蜜に付き、花穂の先が垂れるなどで区別できる。